離婚請求の方法とは

| 未分類 |

話し合いで協議離婚が成立せず、家庭裁判所での調停や審判でも離婚が成立に至らなかった場合、離婚請求をする方法は訴訟を起こすしかありません。家庭裁判所に離婚の訴えを起こし、その裁判に勝訴し、離婚を認める判決を得なければ、離婚することはできません。調停を経ずに訴訟を起こすことはできないので、一度調停を経てからということになります。

離婚訴訟を起こすためには民法で定められている「法廷離婚原因」が必要となります。

1.配偶者に不貞な行為があった時
2.配偶者から悪意で遺棄された時
3.配偶者の生死が三年以上明らかでない時
4.配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない時
5.その他婚姻を継続しがたい重大な事由のある時

この5つの項目のうち、いずれかの離婚原因が必要となります。

離婚訴訟を起こす場合、訴状を作成する段階から「民事訴訟法」「人事訴訟手続法」などの法律に関する専門知識が必要となります。そのためできるだけ早い段階で弁護士に依頼する方が、裁判を有利に進めることができるといえます。本裁判では、書面の提出、証拠の申し出などが必要となり、これらも民事訴訟法に従わなければなりません。離婚原因の事実は主張するだけではなく、立証することが必要です。本人でできないことはありませんが、以上の点をふまえても弁護士に依頼するのがいいでしょう。