離婚と法律と病気

| 未分類 |

婚姻関係にあった夫婦がその関係を維持できなくなってしまった場合、その問題を解消する手段として離婚の手続きを取ることになります。結婚によって婚姻関係を結ぶ理由は夫婦によってそれぞれ異なってきますが、婚姻関係を解消する理由もまた、夫婦ごとに異なってきます。
婚姻関係にある夫婦がその関係を解消するといった結論に至ったのには何らかの原因があることは間違いありませんが、その原因として法律上に認められている項目というものが民法で定められています。
婚姻関係を解消するに至る原因として多いのが配偶者の不貞行為となります。不貞行為とはいわゆる浮気のことですが、たとえ軽い気持ちの浮気であったとしても法的にはその行為は婚姻関係を解消するための立派な理由となりうるのです。
婚姻関係を解消することが法律上で認められている理由としては、配偶者の暴力があります。さらには配偶者の浪費癖や宗教にのめりこんでしまった場合も、立派な婚姻関係の解消の理由となります。
また、夫婦が正常な婚姻関係を継続できないとみなされる原因として、配偶者の病気があります。配偶者が重い病気や障害を負ってしまった場合などは、正常な婚姻関係を継続できないとみなされることになり、婚姻関係の解消の理由となりえるのです。