離婚うつにならないために

| 未分類 |

惹かれあって結婚し、子供も生まれ家族となっても、長い結婚生活の中では様々な出来事があり、いつしか互いの気持ちがすれ違ってしまっている夫婦も少なくはありません。夫婦関係が冷め切ってしまっていても、互いが家族としての形を取り続けたいと考えるのであればそれはそれでよいですが、お互いの人生を考えると、ここで夫婦関係を解消し、別々の人生を歩むほうが良いと判断する夫婦も多いです。離婚は結婚の何十倍ものパワーがいるとはよく言われていることですが、家族となっている形を取り壊すことは様々な面で苦労も多く、離婚後、鬱症状のような精神状態に陥ってしまう方も非常に多いのです。これは比較的一人になってしまった男性側に多く、もともとまじめな性格の方が目立ち、自分を責める日々が続いたあまり発症してしまっている例が見られます。子供を引き取ることの多い女性側は、日々の生活に忙しく寂しさを感じることも少ないですが、男性は一人では孤独を感じやすい生き物であるということも影響し、人生の失敗だと後悔をしてしまうことが多いようです。こんな時はだれか信頼できる人に相談し、気持ちを吐きだしましょう。また思いつめないようにする注意点は、やはり離婚にいたるまで話し合いをしっかりと行ったかどうかにかかっています。